日焼け後のケア 子ども 薬や商品でおすすめなのは?

夏に子どもが日焼けして肌が赤くなってしまうことは珍しいことではないと思います。そのときには市販の薬や商品を使って、家庭で迅速に日焼け後のケアしてあげることが大切です。ドラッグストアなどで入手できる商品や、ご家庭でできる子供の日焼け後のケアの方法を紹介します。自分の日焼けケアも、もちろん大切ですが、子どもの日焼け後のケアを将来のためにもしっかりしてあげましょう。

日焼けは子どもに危険…

太陽の光は人間がビタミンDを生成するのに役立つ、ということは一般的にも知られており、子どもを外で思いっきり遊ばせたい気持ちも多いですよね。しかし、子どもは皮膚が大人よりも薄く敏感で、肌のバリア機能も未熟なため、紫外線の影響を強く受けやすく、日焼けは危険です。大人であれば赤くなる程度の日焼けでも、子どもは水ぶくれになる可能性もあります。小さい頃から頻繁に強い紫外線を浴びていると、大人になってからの皮膚がんの発症率が上がる危険性が高いとも言われています。また、シミ、そばかすの原因にもなりますので注意が必要です。赤ちゃんのうちから、日焼け止めや日焼け対策グッズを使ってしっかりと日焼け対策をしてあげましょう。

日焼け後のケア!子どもはどうすればいい?

子どもは紫外線の影響を想像以上に受けています。日焼けをしたあとはすぐにケアしてあげることが大切です。自宅でできるケア方法を紹介します。まず日焼けした日はぬるめのシャワーを浴びましょう。熱いお湯は熱を上昇させてしまうので、日焼けした肌は更に熱くなり、体調を崩します。ぬるめのシャワーを水圧を緩くしてゆっくりと体にかけてあげましょう。シャワーをしたあとは肌をクールダウンしましょう。日焼けした肌はやけどに近い状態ですので、濡れたタオルや、タオルを巻いた保冷剤で患部を冷やします。保冷剤を当てる時は必ずタオルにくるんで直接当てないようにして、10分から30分ほど冷やしてあげましょう。最後に肌を保湿しましょう。日焼けした肌は水分が蒸発しやすい状態になっています。化粧水をたっぷりぬりましょう。大人が使っているものでも低刺激のものならOKです。そして、水分補給も忘れずにしっかりしましょう。

日焼け後のケア!子どもに効果がある薬や商品はどれ?

保湿クリームは、日焼けで炎症を起こしている肌には、香料やその他の成分に反応して、かぶれたり、ヒリヒリ痛みが増すことがあるので、スキンケアウォーターで保湿するのがおすすめです。おすすめの商品は、アベンヌウォーターです。元々はミネラルウォーターになっていて、低刺激なので安心して使えます。スプレータイプなので、シュシュっと拭きかけてあげるだけでしっかり保水できます。普段のスキンケア用としてはもちろん、赤ちゃんや小さい子どもの日焼けした肌の保湿としても役立ちます!日焼け後にはたっぷりと肌に水分を与えた方がいいので、コットンやフェイスパックなどにたっぷりの化粧水を染み込ませ日焼けした肌の部分に貼り付ける方法も効果的です。ドラッグストアなどで手軽に入手できるのもおすすめポイントです。

 日焼け後のケア 子ども 薬や商品でおすすめなのは?まとめ

紫外線対策というと、子どもたちが外で遊ぶのを控えさせることと思われがちですが、外で子どもたちが元気いっぱい活動できるように大人たちが配慮してあげることが重要です。子どもの日焼けは大人と同じには考えてはいけません。紫外線により体力も奪われ、大人の何百倍も疲れてしまうこともあります。子どもの方が身長が小さいので、道や地面から反射してくる紫外線の影響も大人よりたくさん受けてしまいます。子どもの日焼けのケアで一番いい対策としては、外出時は日焼け止めを塗り、帰宅したら保湿することです。市販の薬や商品を使ってケアしても症状がよくならないときや、水ぶくれになった場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。