紫外線対策できる食べ物!朝でおすすめなのは?

夏は紫外線が気になりますよね。日焼け止めや帽子だけでなく、食べ物で内側からも紫外線対策をしましょう。紫外線対策には食べ物も重要ですが、どんなものを朝昼夜、どんなタイミングで食べるのか大切なのです。紫外線対策の食べ物で朝に注意するべきところを紹介します。

 

紫外線対策!紫外線を吸収できる食べ物がある?食べないほうがいいのは?

紫外線対策として、ビタミンCが良いというのは有名ですが、実はビタミンCたっぷりの果物や野菜の中でも、特に「柑橘類の果物」には注意が必要なのです!柑橘類には「ソラレン」という物質が含まれていて、紫外線を吸収しやすくする作用があるので、多く摂取すると肌にかゆみや赤み、さらにはシミや色素沈着を引き起こす可能性もあります。柑橘類だけでなく、キュウリ、パセリ、セロリ、小松菜、春菊、ニンジンなどの野菜にもソラレンが含まれています。このソラレンを朝に摂取すると、約二時間くらいで体内に広がり、紫外線を吸収してしまうので、紫外線の多い時期は気をつけるようにしましょう。

 紫外線対策するのに朝おすすめな食べ物は?

紫外線対策として食物から摂った方が良い栄養素には次のものがあります。シミやそばかすを予防するビタミンC、肌の老化や荒れを防ぐβカロテンやビタミンE、肌の新陳代謝を活発にするビタミンB2や亜鉛、メラニンの生成を促進する活性酸素を除去する抗酸化作用のある食べ物などです。ビタミンCはミカンやイチゴなどの果物類、βカロテンとビタミンEはカボチャやニンジンなどの緑黄色野菜、ビタミンB2は納豆や卵、牛乳、亜鉛は魚介類や肉類に多く含まれています。抗酸化作用があるものは、トマトなどに含まれるリコピンや、いちごやザクロに含まれるエラグ酸、エビや鮭、カニなどに含まれるアスタキサンチンなどがあります。こういった食べ物を朝食べるのがおすすです。

紫外線対策で予防ができる食べ物は?

日焼けとは炎症の一種で、食生活は体内の炎症に多大なる影響を与え、日焼け対策の大部分は炎症を抑える食生活を送ることにある、といわれています。紫外線対策で予防ができる食べ物でおすすめなのが、トマトです。トマトは食べる日焼け止めとも言われているほど、紫外線予防効果が高いです。トマトの赤い色素「リコピン」は、「カロテノイド」という色素栄養素のひとつで、「β-カロテン」の仲間です。抗酸化力のある「カロテノイド」の中でも、「リコピン」にはビタミンEの100倍以上にもなる抗酸化作用が認められ、老化防止、活性酸素の消去、脂肪蓄積をケアする働きや、アルコール分解サポートの働きなど、驚くべき研究報告が世界中で発表され、近年急速に注目が集まっている栄養素です。トマトが赤ければ赤いほど含まれている「リコピン」の量も増えるので、自然に良く熟した真っ赤な夏トマトを食べてしっかりと紫外線予防しましょう。

 紫外線対策できる食べ物!朝でおすすめなのは?まとめ

紫外線を甘く見ていると恐ろしいです。特に女性の大敵であるシミやソバカスの原因になったり、皮膚病の原因にもなり得ます。紫外線対策で、身体の中からできることがあります。紫外線対策に良い食べ物は、おいしく、身体に良いものばかりです。日常の食事の中で、ほんの少しでも気を使って、健康的に紫外線とお付き合いしましょう。食べるタイミングを間違えると逆効果になることもあるので気をつけましょう。飲む日焼け止めというのも近年普及し始めているようなので、気になる方はぜひ、チェックしてみてください。

化粧品メーカー・リサ
管理人リサのおすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめの飲む日焼け止めは「インナーパラソル」です!

インナーパラソルは、ニュートロックスサン配合量が飲む日焼け止めの中でもNo.1!!

紫外線により肌にシミ・シワ・たるみができる原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いニュートロックスサンがしっかり含まれています。1日の必要量250mgが1日分に配合されているので安心です。

紫外線を受けるときだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアもしてシミやシワを予防してくれるところがお気に入りです。

会社のみんなも気に入って使ってますし、初回990円で手に取りやすいのも始めやすかった理由でした。

公式サイトでしっかり中身を見てみてくださいね!

\インナーパラソルが初回990円でお得!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。

管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。

どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓

⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら