日焼け!皮むけない方法のおすすめは?

夏に強い日差しを浴びると日焼けをします。日焼けしたあとに皮がむけてしまうことがあると思いますが、見た目にもきれいではないし、なるべく皮がむけしないほうがいいですよね。日焼けしたあとに皮がむけないおすすめの方法などを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

日焼けで皮がむける理由は?

日焼けをすると肌が赤くなったり黒くなったりしますよね。数日たつと、日焼けした部分の皮がむけて、まだらもようになったりします。日焼けで皮がむける原因は、太陽の光によって皮膚の角質層の細胞が乾いてしまうためです。そして乾燥して死んでしまった細胞の皮が剥がれ落ちてくるのです。皮がむけたときは、その部分を無理にはがそうとせず、自然とむけるまで待ちましょう。無理にはがすとあとに残ってしまう可能性があります。特に、皮がめくれるか、めくれないかというときは、まだ新しい皮膚が完全に出来上がっていないことが多いため、触らずそのままにしておくのが一番だといわれています。

日焼けで皮むけない方法は、乾燥を防ぐこと!

日焼けで皮がむけると、ポロポロ皮が落ちたりして目立ちますし、後々シミになる可能性もあるのでなるべく予防したいですよね。日焼けした直後には、火傷した時と同じようによく冷やします。冷たい水でタオルを濡らして、火照りが治まるまで肌に当てておくと良いです。そしてなるべく紫外線にあたらないように気を付けましょう。日焼けしたあとの肌は、炎症を起こしている状態なので、とても乾燥しやすいです。皮がむけないように、水分補給と保湿クリームなどで肌の乾燥をおさえましょう。きちんと保湿することで、肌のターンオーバーによって日焼けした肌も正常に戻ります。お風呂にはいる際には、体をごしごし洗わずに、やわらかいタオルで優しく洗いましょう。ちょっとした不注意によって皮むけが起きないようにしてください。

日焼けで皮がむけるデメリットは?日焼け止めメリットデメリットもある?

日焼けで皮がむけるというのは、見た目もきれいではないし、まだらになってしまったり、デメリットしかないようにも感じますが、この皮がむけるという現象にはとても大きな理由があるのです。皮がむけるという現象は、日焼けによってダメージを受けた皮膚を、新しい皮膚に再生しようと頑張っている状態です。日焼けはやけどと同じような症状で、日焼けした肌は想像以上に傷ついています。やけどと同じように水ぶくれができたり、赤くなったりして皮がめくれるということは、新しい皮膚へ生まれ変わろうという現象なので、とても意味のあることなのです。

日焼け!皮むけない方法のおすすめは?まとめ

日焼けで皮むけない方法の一番の対策は、日焼けをしないようにすることです。特に曇りの日などは油断しがちですが、曇りの日でも快晴の80%ほどは紫外線が降り注いでいるといわれています。曇りの日でも、出かける際は日焼け止めや帽子などをつかってしっかりと日焼け対策をしましょう。しかし、日焼けしてしまったときには、くれぐれも皮を無理やりはがしたりせずに、しっかりと保湿をするなどしてスキンケアを行いましょう。日焼け、紫外線対策をしっかりして、楽しい夏を過ごしましょう。

化粧品メーカー・リサ
管理人リサのおすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめの飲む日焼け止めは「インナーパラソル」です!

インナーパラソルは、ニュートロックスサン配合量が飲む日焼け止めの中でもNo.1!!

紫外線により肌にシミ・シワ・たるみができる原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いニュートロックスサンがしっかり含まれています。1日の必要量250mgが1日分に配合されているので安心です。

紫外線を受けるときだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアもしてシミやシワを予防してくれるところがお気に入りです。

会社のみんなも気に入って使ってますし、初回990円で手に取りやすいのも始めやすかった理由でした。

公式サイトでしっかり中身を見てみてくださいね!

\インナーパラソルが初回990円でお得!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。

管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。

どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓

⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら