日焼けで赤い時の処置はどうしたらいい?

夏の強い日差しの下、うっかり長時間外で過ごすと日焼けしてしまい、肌に赤みやかゆみが出ることがありますよね。そのときの正しい処置方法などを紹介します。正しく、迅速に処置して、日焼けの赤みはなるべく長引かせないようにしましょう。

 日焼けで赤いのは個人差がある

日焼けで赤くなるのには個人差があります。同じ時間、同じように紫外線を浴びたとしても、ある人は真っ黒になり、ある人は真っ赤になり、湿疹が出たり皮膚がただれたりしてしまう人もいます。このように、体質などによって個人差があります。しかし、共通していえることは、赤くなった皮膚を放置せずに、しっかりとケアしてあげなければいけないということです。ただの日焼けだと思ってケアを怠ってしまうと、水ぶくれになったり、後にシミやソバカスの原因にもなります。日焼けした後の赤みや痛みは早急に対処が必要です!ケアは火傷と同じようにとにかく冷やすことです。

日焼けで赤い時は早めの対策が必要!

日焼けで肌が赤みを持ったとき、多くの人はただの日焼けだと思って放置してしまいます。しかし、日焼けして赤くなった肌はやけどをした状態と同じでとても傷ついており、しっかりケアをしてあげないと皮膚が炎症をおこしたり、ブツブツや水ぶくれが起きてしまう可能性があります。そのため、日焼けで肌が赤いときは早めの対策が必要です。肌を冷却し、保湿することはもちろん、食べ物などで内側からケアしてあげることも大切です。ビタミンA、C、Eを積極的に摂取しましょう。トマトなどに多く含まれるリコピンも効果的です。

 日焼けで赤い時の処置方法

日焼けをしたあとに赤みをおびてしまった肌は、とりあえず冷やし続けることが一番重要です。冷やすことによって赤みがひき、痛みが和らぎます。冷やし方は冷たい濡れタオルや、冷水のシャワーで、肌の熱っぽさがなくなり、ヒンヤリと感じるまで約10分~20分ほど冷やしましょう。寝るときに肌が火照っているときはアイスノンなどの保冷剤もおすすすめです。日焼けをしたな、と感じた日には赤くなるまえに冷やしてあげるのも効果的でしょう。肌の熱が取れたら、しっかり保湿して傷ついた肌を守ってあげましょう。おすすめは敏感肌用のローションです。高価なものを使うより、手頃な価格の化粧水をたっぷりつけるのがおすすめです。化粧水のあとは乳液やクリームでふたをしてあげましょう。

 日焼けで赤い時の処置はどうしたらいい?まとめ

日焼けで肌が赤いときには、冷やす・保湿、この二点が重要です。赤みがとれるまでは根気強くケアを続ければ、きれいな肌にもどるでしょう。万が一皮がむけてきても決して無理やりはがさずに、自然にはがれるのを待ちましょう。日焼けは女性の大敵であるシミの原因になります。日焼けで後悔することがないように、赤みが落ち着いてきたら美白のケアも忘れずにしましょう。また、症状が治まるまではなるべく紫外線を浴びないように注意しましょう。日焼けのアフターケアは自宅でできますが、あまりに症状がひどい時には皮膚科を受診することをすすめます。

化粧品メーカー・リサ
管理人リサのおすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめの飲む日焼け止めは「インナーパラソル」です!

インナーパラソルは、ニュートロックスサン配合量が飲む日焼け止めの中でもNo.1!!

紫外線により肌にシミ・シワ・たるみができる原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いニュートロックスサンがしっかり含まれています。1日の必要量250mgが1日分に配合されているので安心です。

紫外線を受けるときだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアもしてシミやシワを予防してくれるところがお気に入りです。

会社のみんなも気に入って使ってますし、初回990円で手に取りやすいのも始めやすかった理由でした。

公式サイトでしっかり中身を見てみてくださいね!

\インナーパラソルが初回990円でお得!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。

管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。

どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓

⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら