紫外線で目が充血!子供の対処法は?

紫外線の害は大人だけでなくもちろん子供にもあります。子供は大人より皮膚が薄いので、紫外線の影響を受けやすいのです。子供が長時間紫外線を浴びて目が充血してしまうことがあります。子供が紫外線で目が充血してしまったときの対処法や対策グッズなどを紹介したいと思います。

紫外線で目が充血!子供の危険性

子供が夏に太陽の下で思いっきり遊んだあと、帰宅したら目が真っ赤に充血してしまったことはありませんか?これは紫外線による急性の症状で、「紫外線角膜炎」と呼ばれています。放っておけば治るだろう、といった軽い考えで何の対策もせずに、毎日紫外線を直に浴びていると症状が慢性化し、将来白内障や黄斑変性症といった眼病にかかる恐れもあります。充血は目がダメージを受けているというSOSサインなのです。また、目が紫外線を浴びると脳がそれを察知してメラニンを作るように指令を出すので、きちんと日焼け止めを塗っていても、肌も一緒に日焼けしたような状態になり、大人になってからシミやそばかすとして現れることもあります。

紫外線で目が充血!子供の対処法は?

子供の目が充血してしまったときは、紫外線用の、炎症に効き目のある目薬をさし、冷たいタオルなどで目を10分前後冷やし、目をしっかり休めてあげましょう。紫外線の影響を受けた目は、想像以上にダメージを受けています。テレビを見たり本を読んだりするのも、しばらくは控え、たっぷりと休息をとって目だけでなく身体も回復するようにしましょう。バランスの良い食事もポイントです。ブルーベリーやラズベリーなどのベリー類にはアントシアニンが豊富に含まれていて、目に良い食べ物の代表です。こどものおやつにもぴったりなので、内側からの紫外線対策としてぜひ実践してみてください。

紫外線で目が充血!子供の対策グッズは?

子供の目を守る紫外線対策グッズを紹介します。目を紫外線から守る方法で最適なのがサングラスの着用です。サングラスはなるべく顔に密着して、色が薄くUVカット率の高いものを選びましょう。色が濃いサングラスは遮光によって瞳孔が開いて、余計に紫外線が入ってきてしまうため、色が薄いもののほうが良いのです。しかし、子供に常にサングラスをかけるのはすこし不便ですよね。そのほかには、UVタイプの目薬をさす、ツバの広い帽子をかぶる、UV加工のメガネやコンタクトレンズの仕様といった対策法があります。帽子をかぶると熱中症対策にもなりますし、夏の炎天下で遊ぶときは必ず帽子をかぶるように習慣づけると良いでしょう。紫外線を吸収する黒や紺などの濃い色で、UVカット加工がされている帽子がおすすめです。

紫外線で目が充血!子供の対処法は?まとめ

子供は大人に比べて繊細なので、日頃からサングラスや帽子を使用して紫外線対策をしっかりしてあげることをすすめます。特に目に紫外線を浴びると後々シミやソバカスの原因になったり、白内障や黄斑変性症などの眼病になる恐れもあります。もし紫外線で目が充血してしまったときは、子供が将来目の病気を患わないためにも、SOSサインを見逃さず、すぐに対処してあげれば大事に至る事はほとんどないでしょう。対処しても充血が治まらない際ははやめに眼科を受診する事をおすすめします。

化粧品メーカー・リサ
管理人リサのおすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめの飲む日焼け止めは「インナーパラソル」です!

インナーパラソルは、ニュートロックスサン配合量が飲む日焼け止めの中でもNo.1!!

紫外線により肌にシミ・シワ・たるみができる原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いニュートロックスサンがしっかり含まれています。1日の必要量250mgが1日分に配合されているので安心です。

紫外線を受けるときだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアもしてシミやシワを予防してくれるところがお気に入りです。

会社のみんなも気に入って使ってますし、初回990円で手に取りやすいのも始めやすかった理由でした。

公式サイトでしっかり中身を見てみてくださいね!

\インナーパラソルが初回990円でお得!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。

管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。

どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓

⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら