紫外線で湿疹が顔に出た時の対処法は?市販薬はある?

夏はプールや海、野外フェスなど楽しいイベントが目白押しですよね。しかしうっかり日焼け止め対策を怠って長時間日光にあったると、紫外線で湿疹が顔に出てしまうことがあります。紫外線で顔に湿疹が出来てしまった際の対処法や、おすすめの市販薬を紹介します。正しくケアして顔の湿疹をなるべく悪化させないようにしましょう。

紫外線で湿疹が顔に出る原因は?

紫外線を浴びたあと、顔にプツプツと吹き出物やかぶれ、かゆみができることがあります。紫外線湿疹が顔に出た時、腕や足のように洋服で隠すことも出来ないですし、とても困りますよね。特に大人の女性に多いです。紫外線で湿疹が顔に出る原因は、主に化粧品や日焼け止めにあるそうです。化粧品や日焼け止めなどの、肌に塗ったものがアレルギー反応を起こし、その後に紫外線を浴びることで肌を刺激してしまい湿疹が出てしまいます。アレルギー反応は、紫外線などの外的要因で受けた身体のダメージをもとに戻そうとする免疫反応が過剰に起こる症状です。長年にわたって蓄積された、体がもっている抗体が一定量超えることによって引き起こされるため、ある日突然起こります。

紫外線湿疹が顔に出たらどうすればいい?

湿疹が顔に出た際にはとにかく紫外線に当たらないようにしましょう。つばの広い帽子、サングラス、日焼け止め、マスクなどを活用してなるべく日光に当たらないようにするとよいでしょう。紫外線から肌を守るために、SPFの強い日焼け止めならなんでも良いというわけではありません。紫外線カット効果の高い日焼け止めには、紫外線吸収剤が含まれていることが多いからです。紫外線吸収剤が入っていると、紫外線を一旦体の中に取り入れて、化学反応を引き起こし、熱を放出させる仕組みになっているため、人によっては刺激を感じてしまう可能性もあるので、顔の湿疹が気になるときは紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤が含まれている日焼け止めが、肌への負担も少なくおすすめです。

紫外線で湿疹が出た時に市販薬はある?

紫外線で湿疹が顔に出たとき、市販の薬を塗って余計に荒れたり、副作用が起きたりしないか心配ですよね。自宅でできる簡単なケアをご紹介します。まずは冷やすことです。保冷剤や塗らしたガーゼ、流水などを利用して、かゆみやほてりを鎮静させましょう。そのあと化粧水などでしっかり保湿してあげましょう。湿疹がでた肌は非常に敏感になっているので、敏感肌用などの肌に優しいものを使い、ピーリングなどは控えてなるべくシンプルなケアを心がけましょう。おすすめの市販薬はクラシエのロコイダン軟膏です。皮膚の炎症を抑え、腫れ、かゆみなどに効果があります。紫外線の湿疹には主にステロイド剤が処方されます、ロコイダン軟膏もステロイド剤です。少なすぎても多すぎても効果が得られないことがあるので、清潔な肌に、用法・容量をしっかり守ってつかいましょう。

紫外線で湿疹が顔に出た時の対処法は?市販薬はある?まとめ

紫外線で湿疹が顔に出た時の対処方は、日光に当たらないことです。それから冷やしてクールダウンし、しっかりと保湿をしましょう。あらかじめ湿疹が発症しないように、普段から外出する際は日焼け止めを塗り、日傘や帽子などを使ってしっかりと日焼け対策をしましょう。そうすることで顔の湿疹を防げます。顔に湿疹が出ると生活に支障がでる場合もありますので、ケアをしても酷くなっていく場合は皮膚科を受診することをすすめます。

化粧品メーカー・リサ
管理人リサのおすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめの飲む日焼け止めは「インナーパラソル」です!

インナーパラソルは、ニュートロックスサン配合量が飲む日焼け止めの中でもNo.1!!

紫外線により肌にシミ・シワ・たるみができる原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いニュートロックスサンがしっかり含まれています。1日の必要量250mgが1日分に配合されているので安心です。

紫外線を受けるときだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアもしてシミやシワを予防してくれるところがお気に入りです。

会社のみんなも気に入って使ってますし、初回990円で手に取りやすいのも始めやすかった理由でした。

公式サイトでしっかり中身を見てみてくださいね!

\インナーパラソルが初回990円でお得!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。

管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。

どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓

⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら