紫外線で目が痛い時の対処法は?目薬おすすめは?

肌が日焼けするのと同じように、目も日焼けします。目はとてもデリケートで、紫外線の影響を受けて目が痛くなったりすることもよくあります。しかし目には日焼け止めを塗れませんよね。そこで紫外線で目が痛いときの対処法やおすすめの目薬について紹介します。

 紫外線で目が痛い時の対処法は?

紫外線で目が痛いときの対処法としては、目薬をさす、目を冷やす、目を休めるなどがあります。長時間紫外線を浴びるときにはあらかじめサングラスを着用したり、つばの広い帽子をかぶると目への紫外線カットに役立ちます。紫外線で目が痛くなってしまったら、水でしぼったタオルや保冷剤を目の上に乗せて冷やすだけでも目の痛みや炎症を抑えられます。家庭で気軽にできるのでおすすめです。それから、紫外線で目にダメージを受けたときはコンタクトレンズの着用は避けて、目になるべく刺激を与えないようにしましょう。コンタクトレンズは、目にとっては異物なので、入っているだけでもだいぶ目に負担がかかっていますので、目に異常がある時は、コンタクトレンズはせずに、メガネで生活しましょう。

 紫外線で目が痛い時に使えるグッズ

紫外線で目が痛い時に使えるグッズを紹介します。紫外線を受けて弱った目にとって、パソコンやスマートフォンなどのブルーライトは強い刺激になります。特に寝る前など暗いところで明るい画面をみると目にはとても大きな負荷がかかりますのでなるべく避けましょう。もちろん極力パソコンやスマートフォンを使わない方がよいですが、仕事などでやむを得ず使う場合におすすめなのがブルーライトカットのめがねです。目に大敵のブルーライトの光を軽減してくれますので、目に少しでも負担がかからないようにめがねをつかうのもおすすめです。また、冷蔵庫で冷やして繰り返し使うことができる保冷剤を使って目を冷やすのも効果的です。

 紫外線で目が痛い時の目薬でおすすめは?

紫外線で目が痛いときの対処法ですが、まずは目をよく洗ってから、市販の紫外線対策用の目薬をさしましょう。おすすめの紫外線対策用の目薬は武田薬品の「バイシンUV」、佐藤製薬の「ノアールUV」がおすすめの目薬です。中でもノアールUVは血管収縮剤が含まれておらず、多くの人から人気の目薬です。血管収縮剤が入っていると、何度も繰り返し使用していると効果が薄くなってしまうことがありますので、ノアールUVは特におすすめです。目薬をさすことによって紫外線による目の充血や、痛みなどの炎症をおさえる効果があります。紫外線を長時間浴びる予定があるときはあらかじめ紫外線対策用の目薬を用意し、こまめに目薬をさすようにしましょう。

 紫外線で目が痛い時の対処法は?目薬おすすめは?まとめ

紫外線で目が痛いときは、目を安静にすることが大事です。質の良い睡眠をたっぷりとりましょう。身体を休める事で疲れもとれ、免疫力もアップしますので、早寝を心がけて目をゆっくり休めましょう。そして目薬をさしたり、目を冷やしたりしてケアしてあげることによって、数日で痛みも治まり回復していくでしょう。アウトドアなどで長時間紫外線を浴び続けると、白内障など目の病気を発症したり、目からの紫外線で皮膚の日焼けやシミなどもできる可能性がありますので、必ず目を保護するようにしましょう。心配な場合や3日以上経っても痛みが引かない場合には、眼科に行って診察してもらい、目薬を処方してもらいましょう。

化粧品メーカー・リサ
管理人リサのおすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめの飲む日焼け止めは「インナーパラソル」です!

インナーパラソルは、ニュートロックスサン配合量が飲む日焼け止めの中でもNo.1!!

紫外線により肌にシミ・シワ・たるみができる原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いニュートロックスサンがしっかり含まれています。1日の必要量250mgが1日分に配合されているので安心です。

紫外線を受けるときだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアもしてシミやシワを予防してくれるところがお気に入りです。

会社のみんなも気に入って使ってますし、初回990円で手に取りやすいのも始めやすかった理由でした。

公式サイトでしっかり中身を見てみてくださいね!

\インナーパラソルが初回990円でお得!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。

管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。

どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓

⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら