日焼けで赤い斑点!痛い時の治し方・対処法・薬は?

日焼けで赤い斑点!痛い時の治し方・対処法・薬は?夏は日焼けの季節です。日焼けはしたくないけど、外に出ずに引きこもるわけにもいかないし、日焼けの対策や日焼け後のケアも気になる人も多いのではないでしょうか?日焼けをした後にヒリヒリとした痛みやかゆみがひどくなって、赤い斑点ができることもあります。そのときの正しい対処法や薬などについて紹介します。

日焼けする理由は?

日焼けで皮膚が赤くなる理由は、紫外線B波による「サンバーン」が原因です。突然強い紫外線を受けた肌はやけどと同じ状態で強いダメージを受けています。サンバーンは紫外線を浴びてからおよそ4~5時間程度で赤くなり始めて、24時間後にはピークになります。サンバーンは肌の細胞を傷つけて炎症をおこし、痛みやかゆみ、赤い斑点などが生じます。

そうなると服がすれただけで痛みを感じることもあります。さらにすぐにケアをしてあげないとシミができたり、皮膚がんの原因になる可能性もあるので注意が必要です。

日焼けで赤い斑点・痛い時の治し方や対処法は?

日焼けで赤い斑点ができる原因ですが、日焼けをして肌がやけどと同じ状態になり、ダメージをうけ、その際に肌が黒くなる成分であるメラニン色素が生成されずにアレルギー反応をおこしてぶつぶつができてしまう場合が多いです。赤い斑点ができてしまうのは色白で、肌が黒くなりにくい人に多いです。痛みやかゆみを伴うので、なるべく早めに対処法をとってあげましょう。

痛みやかゆみを伴っている場合には応急処置として保冷剤や氷水で冷やしましょう。時に冷やすことを怠ってしまうと、ひどいやけどやシミの原因になる場合もあります。日焼けした痛みが治まるまでは、熱いシャワーや長風呂は避けましょう。痛みがなくなってきたら低刺激の化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。

日焼けで赤い斑点・痛い時の薬は?

日焼けで赤い斑点ができて痛くなってしまったときはまず第一に冷やしましょう。肌が沈静化したらケアのために保湿することが大切です。化粧水の後にワセリンを塗ったり、アロエクリームを塗ったりする方法や、他にも日焼け後の保湿に軟膏が使われることが多いです。乾燥がひどい場合には化粧水と軟膏の間に乳液を塗ってあげましょう。

おすすめはオロナイン軟膏です。ドラッグストアなどで手軽に入手できますし、家庭にひとつ常備しておくと便利です。ひやけは軽いやけどと同じ状態なので、赤い斑点ができたときにも効果的な軟膏といえます。ただ、炎症や水ぶくれがひどい場合などはオロナイン軟膏を使うと余計悪化してしまうことがありますので注意しましょう。症状がひどい場合は皮膚科にいき診察をうけたほうがよいでしょう。

日焼け 赤い斑点!痛い時の治し方・対処法・薬は?まとめ

紫外線を甘く見ていると、一生シミやそばかすと付き合うことになるだけでなく、日焼けが原因で皮膚がんになる可能性まであり得ます。そのようなことを避けるためにも、できるだけ日焼けしないようにした方が良いでしょう。日焼けで赤い斑点ができてしまった時はまずシャワーや氷水で徹底的に冷やし、それから十分に保湿をしてあげましょう。それでもぶつぶつがでてしまったり、ぶつぶつをケアしても痛みやかゆみが引かない場合などは自力で無理をするのではなくて、医療機関を受診しましょう。皮膚科を受診し、薬を処方してもらうと早く治すことができます。

化粧品メーカー・リサ
管理人リサのおすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめの飲む日焼け止めは「インナーパラソル」です!

インナーパラソルは、ニュートロックスサン配合量が飲む日焼け止めの中でもNo.1!!

紫外線により肌にシミ・シワ・たるみができる原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いニュートロックスサンがしっかり含まれています。1日の必要量250mgが1日分に配合されているので安心です。

紫外線を受けるときだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアもしてシミやシワを予防してくれるところがお気に入りです。

会社のみんなも気に入って使ってますし、初回990円で手に取りやすいのも始めやすかった理由でした。

公式サイトでしっかり中身を見てみてくださいね!

\インナーパラソルが初回990円でお得!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。

管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。

どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓

⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら