飲む日焼け止め飲み方は?妊娠中・授乳中・子供は大丈夫?

日焼け対策は、”飲む日焼け止め”が話題ですが、でも実際に飲む日焼け止めが体がデリケートな妊娠中、授乳中、さらには子供でも使って大丈夫??と不安な方も多いはずです。

そんな妊娠中、授乳中、子供のデリケートな時期の飲む日焼け止めの服用方法や、実際に使っている方の体験談など、常日頃体を大切にする時期にいる方には特に読んでいただきたいデリケート時期の飲む日焼け止めについてご紹介させていただきます。化粧品メーカー勤務のリサが詳しくお話いたしますね!

飲む日焼け止め飲み方①妊娠中

紫外線の多い夏のUV対策に話題の”飲む日焼け止め”を検討している人の中に体がデリケートな時期の「妊娠中や授乳中に摂取できるのだろうか?」という飲み方に疑問を抱えている方もいらっしゃるはずです。

妊娠中や授乳中といえば、かかりつけの産婦人科の医師から処方された医薬品しか服用できず、市販の風邪薬や頭痛薬でも自分勝手な判断で飲むのは危険と言われています。

飲む日焼け止めは、医薬品ではなくサプリメントに分類されています。ですが、飲む日焼け止めの中でも、妊娠中や授乳中は避けるように注意書きのあるものが多いようです。
デリケートな時期だからこそ、なるべく刺激を与えないという選択がベストです。

化粧品メーカー・リサ
サプリだから基本的には問題がないんだけど、デリケートな時期だから主治医の先生に相談してくださいね!

飲む日焼け止め飲み方②授乳中

 

授乳中も、妊娠中同様飲む日焼け止めの服用は避けたほうがいい期間にあたります。実際に、全てのサプリメントで市販薬と同じように妊婦さんに対する臨床実験が行われているわけではないので、正確に禁止しているわけではありませんが、オススメはしないというのが実情です。

飲む日焼け止め飲み方②子供

昔と変わって、小さい子供にも1年にわたって日焼け止め対策をするという方が増えてきています。しかし、小さい子供の場合は日焼け止めを塗るのを嫌がる子も多く、もし飲む日焼け止めで紫外線対策ができるなら、と考えている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

飲む日焼け止めサプリは今のところ大きな副作用の報告などがないので、親が飲んでいる飲む日焼け止めサプリを誤って子供が飲んだとしても害はないとされています。
飲む日焼け止めを子供の飲み方ですが、一般的には「4歳以上」のが推奨されています。

これは皮膚科医の方の見解で、この年齢から、子供の体は栄養サプリメントを服用するのに十分発達していると考えられているためです。

 

飲む日焼け止め以外に妊娠中、授乳中、子供の日焼け対策は??

妊娠中、授乳中、は避けたほうがいいと言われている飲む日焼け止め。
では、妊娠中、授乳中の日焼け止め対策に有効なのはどんなものでしょうか?

  • UVカット効果のある化粧品
  • 外出の時は、薄手の長袖を着用
  • UVカット機能を備えたアームカバーやストールを着用
  • ノンケミカルタイプの日焼け止め(紫外線吸収剤の入っていないもの)

などが主にあげられるようです。やはり、デリケートな体を意識した日焼け対策になるようです。

今回は、妊娠中、授乳中、子供の飲む日焼け止めの飲み方についてご紹介しましたが、飲むだけで楽なのですが、妊娠中、授乳中、4歳以下を除く免疫力のある時期にオススメのサプリです。

飲み方に注意しつつ、飲む日焼け止めで安全・確実に日焼け対策をしていきましょう!

化粧品メーカー・リサ
管理人リサのおすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめの飲む日焼け止めは「インナーパラソル」です!

インナーパラソルは、ニュートロックスサン配合量が飲む日焼け止めの中でもNo.1!!

紫外線により肌にシミ・シワ・たるみができる原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いニュートロックスサンがしっかり含まれています。1日の必要量250mgが1日分に配合されているので安心です。

紫外線を受けるときだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアもしてシミやシワを予防してくれるところがお気に入りです。

会社のみんなも気に入って使ってますし、初回990円で手に取りやすいのも始めやすかった理由でした。

公式サイトでしっかり中身を見てみてくださいね!

\インナーパラソルが初回990円でお得!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。

管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。

どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓

⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら