紫外線で目が痛いときの目薬でおすすめは?

紫外線をたくさん浴びたときに、目が充血したり痛いと感じた事はありませんか?実は目も紫外線の影響を受けるのです。紫外線で目が痛いときにおすすめの目薬や対策法を紹介します。これからは顔や体だけでなく、市販の目薬などを使って簡単に目の紫外線ケアもしてあげましょう。

紫外線で目が痛いのはなぜ?病気は?

買い物や通勤、通学程度の日常生活ではそれほど影響はありませんが、屋外でのレジャーやスポーツで長時間強い日差しを浴びると、目も紫外線の影響を受けて日焼けしてしまいます。目が日焼けすると、目の角膜がはがれて炎症を起こして目が痛くなったり、赤く充血する症状が出ることがあります。紫外線でダメージを受け続けると、様々な目の病気の原因になってしまう可能性があります。

紫外線を長時間浴びることで発症する目の病気で、紫外線角膜炎というものがあります。紫外線角膜炎は、目の痛みや充血、異物感、かゆみ、涙がとまらないなどの症状が現れます。これらの症状は通常の角膜炎と同じような症状です。基本的には数日以内には自然回復することが多いです。夏の日差しが強い時期はもちろん、冬のスキーなどでも日焼けするため、紫外線角膜炎になる可能性がありますのでしっかりと目の紫外線対策をしましょう。

紫外線で目が痛いときのおすすめ目薬

紫外線で目がいたいときにおすすめの紫外線ケアの目薬で市販されているものを紹介します。武田薬品工業の「バイシンUV」です。容量10ml、メーカー希望価格880円(税抜き)です。

1回1~3滴を1日3~6回点眼してください。出かける前と後に点眼するのが効果的です。硫酸亜鉛水和物、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムなどを配合。紫外線(UV)などによる瞳のダメージ(炎症など)を効果的に改善、傷つきやすい目の角膜も保護します。目の充血・つかれに優れた効果を発揮します。清涼感が強すぎないので、刺激が強い目薬が苦手な人にもおすすめです。ドラックストアなどで気軽に購入することができるので、長時間紫外線を浴びる前後にはぜひつかってみてください。

紫外線で目が痛いのを予防するには?

日焼けで目が痛くならないように、紫外線対策をしっかりしましょう。目の紫外線をカットするのに最適なのはサングラスです。サングラスは、顔に密着したもの、UVカット率の高い色の薄いものを選ぶことをおすすめします。色の濃いものの方が紫外線を防げるように思いがちですが、瞳孔が開くために目にたくさんの紫外線が入ってしまうため、レンズの色が薄いものを選びましょう。

紫外線から目を守るには、体内・体外どちらか一方だけでは不十分です。バランスの良い食事をとり、体内からも紫外線のケアをしてあげましょう。また、日中のなかで、紫外線の量がもっとも多いのは昼の12時前後とされていますが、目にとっては昼前後よりも、朝・夕の時間帯の方が紫外線の影響があります。なぜなら、昼前後の時間帯は、太陽の位置が高く、影が出来るので紫外線が目にはほとんど入りませんが、朝や夕方の時間帯は、太陽の位置が低く、紫外線が直接目に入ってきやすいからです。

紫外線で目が痛いときの目薬でおすすめは?まとめ

近年、オゾン層の破壊により、地上へ降り注ぐ紫外線量の増加が報告されています。目も肌と同じように紫外線の影響を受けます。目の日焼け対策には、こまめな目のケアが大切です。日差しの強い日に紫外線を浴びたら、目を冷やしたり、目薬などでこまめにケアしてあげましょう。目の疲れを感じたときには、そっとまぶたを閉じて目を休める習慣をつけておくと安心です。

目の紫外線ケアはおろそかにしがちですが、紫外線のダメージが蓄積されて、将来深刻化することも考えられます。紫外線の強いこの季節、サングラスや帽子、日傘などを使うことで紫外線から目や体を守って健康を守りましょう。

 

化粧品メーカー・リサ
おすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめは「ホワイトヴェール」です!ニュートロックスサンで紫外線の悪影響を肌内部からカバーしてシミやシワを防ぐのはもちろん、医師監修のもと、天然の美容成分がぎゅっと詰め込まれているので、女性の美しさが十分に保ててキレイになれますよ(^^)

初回980円、いつでも解約できます。

\ホワイトヴェール初回は980円!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。 管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。 どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓ ⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら
nbsp;