紫外線の目薬で子供におすすめをチェック!

屋外で長時間強い紫外線を浴びると、目も日焼けして悪影響を及ぼしてしまいます。特に子どもは紫外線の影響を受けやすいので、目薬やサングラスを使って紫外線対策をしてあげましょう。子供におすすめの紫外線用目薬や、紫外線が目に与える影響などを紹介します。

紫外線が目に与える影響は?

紫外線対策をするときに、肌の日焼けばかり気にしてしまいますが、肌と同じように目も日焼けして紫外線の影響を受けます。紫外線が目に与える影響は、充血したり、痛みがあったり、かゆみがあったり、人それぞれの症状があります。もともと目は紫外線から守る力を兼ね備えているので、ちょっとした外出で紫外線を浴びる程度などでは炎症はおこしません。

しかし、炎天下の下、数時間紫外線を浴びたときには、強い痛みが目に出たり、充血したりしてきます。黒目の細胞が剥がれ落ちて小さなキズがたくさんできた状態になっており、ひどくなると白内障になる可能性もでてきます。体に紫外線を浴びる事に関してはメリットもありますが、目に関してはひとつもメリットがないそうです。一貫して言えるのは、紫外線を多く浴びた目は大きなダメージを受けて悲鳴をあげていますので、目薬などを活用して、しっかりとケアしてあげましょう。

紫外線の目薬で子どもにおすすめなのは?

肌の紫外線対策はしっかりしていても、子どもの目の紫外線対策まで気を使っている人は少ないですが、目は紫外線から子どもの大事な目を守ってくれているので、子どもの目を紫外線から守ってあげることはとても大切です。紫外線対策に子どもの目を守る目薬が効果的です。紫外線対策用の目薬は市販でも手軽に入手することができます。

おすすめの目薬を紹介します。ロート製薬のロートUVキュアです。紫外線を浴びて日焼けをすると、目の最も外側にある「角膜」が傷つき炎症を起こします。ロートUVキュアには、角膜表面の細胞が脱落して目に炎症をおこすのを抑制する、硫酸亜鉛水和物という成分が配合されています。目が紫外線を浴びると、肌も黒くなるという研究結果も報告されています。例え肌が直接的に紫外線を浴びていなくても、肌のメラニン色素は増加して、日焼けした肌のように、黒くなってしまうそうです。
日焼け対策には目薬を有効に利用しましょう。

紫外線で目の対処に子どもにおすすめサングラスは?

日本人は外国人に比べたら子どもの紫外線対策でサングラスをかける習慣があまりありません。しかし、近年はオゾンホールの拡大などにより人体への影響が大きく問題なっており、サングラスは紫外線の被害から大事な子供の目を保護するために欠かせない紫外線グッズです。子ども用のサングラスを選ぶときのポイントは、UVカット加工がされた製品であるものを選びましょう。レンズのカラーが濃いものは、瞳孔が光を取り入れようと作用し、視力低下を招く恐れがあります。

そのため、太陽光のまぶしさを多少軽減できる程度の薄いレンズカラーの物を選びましょう。特に紫外線の強い、海や、山、スキー場などでは、ゴーグルタイプのサングラスがおすすめです。サングラスのレンズが小さめだと、上下・左右からも紫外線が入りこむので、実際にお子さんにかけさせて、顔のラインにフィットしたものを選んであげましょう。

紫外線の目薬で子供におすすめをチェック!まとめ

目薬は、紫外線を浴びてしまって充血した目をケアしたり、ヒリヒリする目をケアしたり、目のかゆみのケアに効果的です。子どもは紫外線の影響を受けやすく、特に日差しが強い日は、目も紫外線を浴びて疲れています。

外から帰ってきたら、点眼する習慣をつけると良いでしょう。紫外線用目薬には炎症効果を抑えるため、目の充血をとるための血管収縮剤が含まれているので、一時的なケアとして考えましょう。充血をとりたいあまり点眼し過ぎるとかえって充血を悪化させてしまいます。紫外線対策用の目薬とサングラスをじょうずに併用して使って、子どもの将来のためにも目を守ってあげましょう。

化粧品メーカー・リサ
おすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめは「ホワイトヴェール」です!ニュートロックスサンで紫外線の悪影響を肌内部からカバーしてシミやシワを防ぐのはもちろん、医師監修のもと、天然の美容成分がぎゅっと詰め込まれているので、女性の美しさが十分に保ててキレイになれますよ(^^)

初回980円、いつでも解約できます。

\ホワイトヴェール初回は980円!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。 管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。 どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓ ⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら
nbsp;