日焼けを治す方法!黒い時一番効果があるのは?

日焼けして黒くなってしまったことはみなさん経験あるのではないでしょうか??日焼けは美白の大敵です。日焼けで黒くなってしまった肌を焦って誤った方法で治そうとすると逆効果になってしまいます。白くする方法やおすすめコスメなど、日焼けして黒くなってしまった肌はどのように治すのか紹介します。

 日焼けで黒くなる原因は?

日焼けで肌が黒くなる原因は、紫外線から身を守るためです。肌を黒くするのはメラニン色素で、日焼けで紫外線を浴びると、メラノサイトという細胞がメラニンという黒い色素を作ります。そのメラニン色素の黒色が紫外線を吸収することによって、紫外線が皮膚の奥まで入るのを防いでいるのです。

もし、メラニン色素がなかったら、紫外線が皮膚の奥まで入りこみ、火傷のように水ぶくれを起こしてしまったり、皮膚がんになりやすくなったりします。メラニン色素と聞くとなんだかマイナスイメージにとらわれがちですが、このようにメラニン色素は肌を紫外線から守ってくれる、大切で、なくてはならないものなのです。

日焼けで黒くなった肌を白くする方法は?

肌が黒くなるのを防ぐためには、もちろん日焼け対策をしっかりして、日に焼けないことが一番ですが、夏は海やプールなど外で過ごす機会も多く、どうしても日焼けしてしまいますよね。日焼けしてしまったときはしっかりケアしてあげて、美白を目指しましょう。お肌のターンオーバーはだいたい28日といわれています。約一ヶ月間は、これ以上日焼けをしないように気をつけましょう。まずするべきケアとしては、冷たいシャワーを浴びたり、氷水で冷やして火照った肌を冷やしてください。

その後、美白成分などは入っていないシンプルな化粧水で保湿を行い、肌を落ち着かせます。美白成分のはいった化粧品は、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分を含むものが多く、刺激が強いことがあるので、日焼けした直後の赤みやヒリつきがおさまってきたら、美白化粧品を使って外側から日焼け後ケアを行って、黒い肌を治しましょう。

日焼けで黒くなった肌を白くするコスメは?

メラニンは日を追うごとに増殖し、メラニンを多く含んだ皮膚はやがて肌のターンオーバーによって表皮に出てきます。表皮に出てきた皮膚はメラニンが多く含まれているので、肌の色が黒くなるのですが、日焼けした肌を早く白くしようと思えば、メラニンが多く発生した時期(日焼けした時)に増えたメラニンが含まれる皮膚組織を早く排出する必要があります。そのためには皮膚のターンオーバーを早くする必要があります。ターンオーバーを早めるのにおすすめのコスメは、ピーリングやスクラブです。

ピーリングやスクラブは、表皮の一番上にある古い角質を剥いで新しい皮膚を出す作業になります。皮膚の表面を剥ぐピーリングは、日焼けした日から2週間~1週間ほどで使用すると、効果的です。早くメラニンを含んだ黒い角質を除去して、新しい白いお肌を取り戻し、黒い肌を治すことができるでしょう。

日焼けを治す方法!黒い時一番効果があるのは?

日焼けをしてしまったら、まずはやけどと同じ処置をしましょう。いきなり美白のケアをしてしまうと、肌への刺激が強く、色素沈着を引き起こしてしまう恐れがあります。日焼けした直後は焦らずに、冷たいシャワーや氷水でクールダウンし、刺激の少ない化粧水などで十分な保湿を心がけましょう。

そのあとに肌のターンオーバーを促進させることが大切です。バランスの良い食事、質の良い睡眠、適度な運動は、ターンオーバーの促進はもちろん、健康的な身体作りの基本です。基本的な生活習慣を変えることによって、黒い肌も治してあげましょう。日焼けの赤みやほてりが落ち着いたら、美白化粧品や、美白サプリメントで、内側と外側の両方からケアしましょう。そして、これ以上日焼けしないようにUVケアを徹底しましょう。そうすれば白い肌が取り戻せるでしょう。

化粧品メーカー・リサ
おすすめを紹介します!

管理人・リサのおすすめは「ホワイトヴェール」です!ニュートロックスサンで紫外線の悪影響を肌内部からカバーしてシミやシワを防ぐのはもちろん、医師監修のもと、天然の美容成分がぎゅっと詰め込まれているので、女性の美しさが十分に保ててキレイになれますよ(^^)

初回980円、いつでも解約できます。

\ホワイトヴェール初回は980円!/

飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。 管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。 どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓ ⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら
nbsp;