飲む日焼け止め【日本製】おすすめランキング!ヘリオケアとの徹底比較!

「飲む日焼け止めが気になる…」「けど外国産はなんだか心配…」こんなことを思っていませんか?そんなあなたのために、飲む日焼け止めの日本製おすすめランキングを作って、有名なヘリオケアと比較しました。

化粧品メーカーに勤める私リサが調査した飲む日焼け止め日本製おすすめランキング、ヘリオケアとの比較を参考に、あなたも今年は焼かない人になってはいかがですか?

今すぐ飲む日焼け止めランキングを見たい人のために、当ブログおすすめ飲む日焼け止めランキング(ネットで購入できる飲む日焼け止め)を紹介します!

インナーパラソル

(当サイト一番の売れ筋です)

ホワイトヴェール

(インスタでみんなに人気なのはこれ!)

サンタンブロック

(美白・美肌効果で選ぶならこれ!)

(※ソルプロ プリュス ホワイトにはニュートロックスサンが十分含まれているのですが、皮膚科でしか売られていませんし、皮膚科もどこで売られているか明確になっていません…。)

 

飲む日焼け止めの成分やコスパでおすすめのランキングも作ったのでご覧くださいね!

 




飲む日焼け止めおすすめランキング、成分など詳しい情報は、これ以下の情報をご参考ください!

 

飲む日焼け止め日本製と米国製ヘリオケアは主成分が違う!FernBlockとニュートロックスサンを徹底比較!

主婦・桃
飲む日焼け止めサプリって飲んだことないけどいろいろあるんだよね。外国産と日本製って違いあるのかなあ?
化粧品メーカー・リサ
え~!違いあるよ~!?リサのおすすめは日本製だよ~!
主婦・桃
そうなんだ。どう違うの?
化粧品メーカー・リサ
有名な「ヘリオケア」という外国産の飲む日焼け止めサプリには、フェーンブロック(Fernblock)というシダ植物から抽出されるポリポディウム・ロイコトモス(PLエキス)が原料の成分が入ってるの。

スペインで開発されたヘリオケアは、日本は輸入をして飲まれていたんだ。美容外科とかでも処方されるしね。

主婦・桃
うんうん。
化粧品メーカー・リサ
そのヘリオケア、臨床実験もして安全と言われているんだけど、このヘリオケアに入っている成分フェーンブロックに入っているシダを飲み続けると、アレルギーを持っていない人にもアレルギーが発症する可能性があるから危険といえるんだよ。
主婦・桃
えー?そうなんだ…!ヘリオケアって美容外科でも処方されてるんでしょ?安心っぽいのにね。ずっと飲み続けるものだからやっぱ安心なもの飲みたいよね…!
化粧品メーカー・リサ
だよね。そのヘリオケアと違って日本人用に開発された、日本製飲む日焼け止めサプリには、フェーンブロックは入っていなくて、代わりに「ニュートロックスサン」という成分が入っているよ。
主婦・桃
そうなんだ~それはヘリオケアと比べて危険じゃないの?
化粧品メーカー・リサ
うん。ニュートロックスサンは、シトラスとローズマリーのエキスを特別に配分したもので、アレルギーを起こす報告はされていないよ。抗酸化作用でお肌のシミやシワをしっかり防ぐんだよ。

 

主婦・桃
そうなんだ!それならヘリオケアより、ニュートロックスサンが含まれている日本製の飲む日焼け止めの方が安心だね!

飲む日焼け止め日本製のものに副作用はある?

主婦・桃
日本製の飲む日焼け止めサプリならアレルギーは起こらないということかな?
化粧品メーカー・リサ
この前飲む日焼け止めサプリの会社に問い合わせをしてみたんだけど、原材料にカニやエビ、パイナップルなどあるから、その原材料にアレルギーがあるんだったら医師と相談した方がいいって、教えてくれたよ。

飲む日焼け止めは娘さん、息子さんにも

お子さんの日焼けって心配になりますよね。公園で半そでで駆け回っているけど、上着は嫌がるし、帽子も日焼けを防いでくれているのかどうかが謎なところがある…。そんなときに日焼け止めを塗ってあげたいのですが、べたべたすするのが嫌なのか、塗るのを嫌がられてしまうことってありませんか?

やっと塗れたとしても、子供ってすぐに汗をかくので、日焼け止めの効果がすぐになくなってしまいます。遊んでいる途中に塗り直しをしようもんなら、早く遊びたい!と怒りだしてしまう始末…。そんな日焼け防止に一苦労しているお子さんに、飲む日焼け止めを試してみたいと思ったこともあるのではないでしょうか。

中学高校の息子さん娘さんでも、部活動や通学などで日に焼ける事が多くて、紫外線にとても弱い肌で赤くなったり皮膚がはがれてしまうということもあると思います。なのに学校で日焼け止めを塗ることを反対されていたり、部活動中は日焼け止めが汗で流れ落ちても、ゆっくり日焼け止めを塗っている暇もなく次の練習試合に出ないといけないという場合もあると思います。

そういった場合には、飲む日焼け止めで日に当たる前に少量飲むだけで一日日焼けのダメージから肌を守ってくれるとしたら、ぜひ飲む日焼け止めを試してみたいところですよね。

ですが、お子さんが飲むときに心配なのが「副作用」があるかどうかだと思います。小さいお子さんだったらなお心配だと思います。製品によって4歳以下は飲んではいけないと決めているものも多いので、しっかり守っていただきたいのですが、飲無日焼け止めを飲める年齢になると、副作用の心配はする必要はありません。

娘さん、息子さんでも副作用がないので、安心して飲むことができます。飲む日焼け止めに含まれていることの多いニュートロックスサンは、アフターケアをする効果がありますので、部活動ですごく日に当たってしまったというときにも、飲む日焼け止めを飲むことで、活性酸素を抑制してくれて、将来のお肌のシミ、しわ、たるみなどから守ってくれます。

飲む日焼け止めに含まれるニュートロックスサンは、眼病も予防してくれるので、こういったところにも息子さん、娘さんの年齢から飲む日焼け止めの服用を始められるのはおすすめです。

ただ、製品によって美容成分でパインなど食品アレルギー物質が入っていることもありますので、医師と相談して服用を決められるのがおすすめです。

 

飲む日焼け止め【日本製】選び方は?

主婦・桃
そっかあ。日本製飲む日焼け止めサプリの方が安心そうだね。じゃあさ、日本製の飲む日焼け止めサプリだったらなんでもいいのかな?
化粧品メーカー・リサ
どれがいいか気になるよね。リサ的おすすめポイントがあるから紹介するね!!!

<日本製飲む日焼け止めサプリを選ぶときのポイント>

飲む日焼け止めを選ぶときには、こちら「傘のロゴマーク」がしっかりとついているものを選ぶようにしましょう!このロゴマークがついている飲む日焼け止めは、「ニュートロックスサン」が一日の摂取必要量250mgをしっかりとることができると公式に認められている飲む日焼け止めとなっています。

太陽光がお肌の内面まで届き、活性酸素ができることにより

  • シミ
  • しわ
  • たるみ
  • 眼病

などが起こってしまうのですが、「ニュートロックスサン」はその原因となる活性酸素を除去してくれるので、お肌の悩みを内面から取り除いてくれます。ミギュエル大学細胞生化学のニコル博士とモンテローザ社が、10年以上かけて開発した成分であり、ローズマリー葉とシトラス果実から抽出されたポリフェノールが複数含まれています。

日焼けをする前だけではなく、日焼けをした後にニュートロックスサンを摂取してもアフターケアができます。

 

また、1日に250mgのニュートロックスサンを、8週間継続して摂取したところ、34%UV保護効果が高まり、12週間飲むと56%まで高まったということです。

これらの効果をしっかり実感するためにも、1日250mgのニュートロックスサンを継続的に摂取することがとても大切になってきます。

化粧品メーカー・リサ
ニュートロックスサンがしっかり250mg一日に摂取できるかどうかを中心に、1位のインナーパラソル含め、私リサの飲む日焼け止め日本製おすすめランキングを見ていこう~!

 

主婦・桃
わ~!!楽しみだな~!

飲む日焼け止め日本製おすすめランキング

飲む日焼け止めの中でも、ニュートロックスサンがきちんと250mg一日で摂取できるように含まれているのはどれか?と比較してランキングにしてみました。

飲む日焼け止め日本製おすすめ1位:インナーパラソル16200forUV

飲む日焼け止め日本製おすすめで、「インナーパラソル」が1番の理由は?

化粧品メーカー・リサ
1位はインナーパラソルだよ!ニュートロックスサンの傘のロゴマークがしっかり入っていて、ニュートロックスサンがしっかり250mg一日に摂取できるからリサはインナーパラソルを一番のおすすめにしているよ。1粒にしっかり125mgのニュートロックスサンが入っていることが明記されているから、2粒一日に飲めば確実に250mgのニュートロックスサンが摂取できるからとってもおすすめなんだ!

しかも1日2~6粒飲めるので、必要量以上のニュートロックスサンの摂取も可能ということだね。

パインセラ®も1粒15mg入っていて日焼け止め効果に一番優れているといえそう!
2017年モンドセレクション金賞で美容家服部裕美子さんが監修だよ!

主婦・桃
なるほど~!


 

インナーパラソル16200forUV
商品価格 単品 7,000円(税込)
定期割引 定期購入で初回990円

2回目から5,600円

定期継続必要期間 3回
1日当たり(2粒)の費用 単品 233円

定期購入なら33円

2回目以降は186円

飲む日焼け止め日本製おすすめ2位:ソルプロ プリュス ホワイト

化粧品メーカー・リサ
 2位はソルプロ プリュス ホワイトだよ!1粒125mgのニュートロックスサンが確定で入っているので2粒飲めば大丈夫!
主婦・桃
なるほど…!
ソルプロ プリュス ホワイト
商品価格 単品 7,000円(税込)
定期割引 定期購入が無し
定期継続必要期間 無し
1日当たり(2粒)の費用 360円

とっても効果が高そうなのですが…

ソルプロは皮膚科でしかもらうことができません…( ;∀;)

飲む日焼け止め日本製おすすめ3位:ホワイトヴェール(WHITE VEIL)

プロの愛用するおすすめの飲む日焼け止め

化粧品メーカー・リサ
 3位はホワイトヴェールだよ!1粒あたり62.5mgのニュートロックスサンが含まれているよ!2から4粒が1日に飲めるんだけど、その最大4粒でニュートロックスサン250mgを摂取することができるよ。

 

主婦・桃
うんうん。

 

 

 

ホワイトヴェール
商品価格 7,560円(税込)
定期割引

初回 980円(税込) 85%オフ

2回目以降は4,980円(税込) 約23%オフ

定期継続必要期間 無し
1日(4粒)当たりの費用 単品 504円

定期購入なら65円

2回目以降は332円

\ホワイトヴェール初回は980円!/

 

飲む日焼け止め日本製おすすめ4位:サンタンブロック


化粧品メーカー・リサ
 3位はサンタンブロックだよ!ニュートロックスサンの傘のロゴマークが入っていて、推奨量1~2粒が摂取できるので、多い2粒でニュートロックスサンが250mg摂取できると考えると1粒ニュートロックスサンが125mgかなという推定だよ。

主婦・桃
そういえば雑誌でも見たことある~!

 

サンタンブロック
商品価格 単品 9,800円(税込)
定期割引 定期購入で初回4,900円

2回目から7,840円

定期継続必要期間 3回
1日当たり(2粒)の費用 単品 653円

定期購入なら1回目326円

2回目以降522円

 

\anan、CREAにも掲載サンタンブロック/

 

飲む日焼け止め日本製おすすめ5位:ブランテ

 

化粧品メーカー・リサ
5位はブランテ!ニュートロックスサンのロゴマークがちゃんとあるよ!2~5粒が推奨なので5粒で250mgと仮定すると、1粒50mgのニュートロックスサンが摂取できることになるよ。
主婦・桃
必要量のニュートロックスサンを摂取しようと思ったら、たくさん飲まないといけないんだね!
ブランテ
商品価格 単品 7,480円(税込)
定期割引 定期購入で初回980円(30粒)

2回目から5,980円(60粒)

定期継続必要期間 いつでも解約できる
1日当たり(5粒)の費用 単品 623円

定期購入なら163円

2回目以降は498円

 


飲む日焼け止め日本製おすすめ5位:美百花

 

化粧品メーカー・リサ
同じく5位は美百花!ブランテと同じく、ニュートロックスサンのロゴマークがちゃんとあるよ!2~5粒が推奨なので5粒で250mgと仮定すると、1粒50mgのニュートロックスサンが摂取できることになるよ。
主婦・桃
これインスタでも人気だよね!
美百花
商品価格 単品 7,980円(税込)
定期割引 定期購入で初回500円(30粒)

2回目から4,980円(60粒)

定期継続必要期間 いつでも解約できる
1日当たり(2粒)の費用 単品 665円

定期購入なら83円

2回目以降は415円

 

飲む日焼け止め日本製おすすめ7位:ホワイタス

化粧品メーカー・リサ
7位はホワイタス!ニュートロックスサンは入っているんだけどニュートロックスサンのロゴマークがないので一日の必要量の250mgは摂取できないんだろうね…。一日4粒まで飲むことができるよ。

 

主婦・桃
いいところばっかりだね~!


化粧品メーカー・リサ
ホワイタスもインスタでもみんな飲んでるよ! 

 

 

ホワイタス
商品価格 7,980円(税込)
定期割引 初回 980円(税込) 85%オフ

2回目以降は4,980円(税込) 約23%オフ

定期継続必要期間 3回
1日当たりの費用 単品が約266円

定期購入が約166円

化粧品メーカー・リサ
商品ページに詳しく書かれているから↓↓見てみてね~! 

\ホワイタス初回クレジットカード払いで初回が980円!お得です!/


飲む日焼け止め日本製おすすめランキング 8位:雪肌ドロップ

化粧品メーカー・リサ
 4位は雪肌ドロップだよ!雪肌ドロップもニュートロックスサンは入っているけれど、ニュートロックスサンのロゴマークが入っていないんだ…。美容成分は、ホーリーバジル、セスバニア、コラーゲン、アムラなどのハーブがビタミン、ミネラルなど豊富に含まれているよ♪
主婦・桃
ハーブ、女性の体にうれしいけどニュートロックスサンはちゃんと入ってほしいかな…。

 

 

雪肌ドロップ
商品価格 単品 7,646円(税込)
定期割引 初回49%オフの3,980円

2回目以降は18%オフの6,480円

定期継続必要期間 0回
1日当たりの費用 単品  約254円

定期購入 約182円

 

\雪肌ドロップ 初回49%オフの3,980円!/

 

飲む日焼け止め日本製おすすめランキング 9位:やかないサプリ

化粧品メーカー・リサ
 9位はやかないサプリだよ!ニュートロックスサンがないのが心配…。
主婦・桃
こう見てくると、ニュートロックスサンが入っててほしいね…。

 

 

 

やかないサプリ
商品価格 通常単品 3,067円
定期割引 初回限定 2,147円(WEB限定)

2回目以降  2,453円

定期継続必要期間 無し
1日当たりの費用 単品が約216円

定期購入が約166円

 

飲む日焼け止め日本製おすすめランキング 10位:pola ホワイトショットインナーロック

化粧品メーカー・リサ
 9位はpolaのインナーロックだよ!ニュートロックスサンとリコピンが残念ながら含まれて今ないよ。

 

 

インナーロック
①ニュートロックスサン ×
②リコピン ×
③ビタミンE
④抗酸化作用
⑤不要な成分が無いか

 

インナーロック
商品価格 単品 4,860円(税抜)
定期割引 定期購入が無し
定期継続必要期間 無し
1日当たりの費用 81円

 

一日のニュートロックスサン推奨量を摂取するのにかかる値段
インナーパラソル 1日当たり(2粒)の費用 単品 233円
定期購入なら33円2回目以降は186円
ホワイトヴェール 1日(4粒)当たりの費用 単品 504円
定期購入なら65円2回目以降は332円
サンタンブロック 1日当たり(2粒)の費用 単品 653円
定期購入なら1回目326円2回目以降522円
ブランテ 1日当たり(5粒)の費用 単品 623円
定期購入なら163円2回目以降は498円
美百花 美百花
1日当たり(2粒)の費用 単品 665円
定期購入なら83円2回目以降は415円
化粧品メーカー・リサ
でしょ!だからインナーパラソルが断然おすすめなのよ!!!お肌しっかり守りたいよね?
主婦・桃
そうだな~。インナーパラソルがやっぱり一番ニュートロックスサンが確実に250㎎摂取できるから安心かな!
化粧品メーカー・リサ
いや~いろんな日焼け止めサプリがあったけどどうだった?
主婦・桃
成分もよかったしね!インナーパラソル、いいね!!ありがとうリサちゃん!
化粧品メーカー・リサ
うんうん。じゃあ決まったところで、今度は改めて飲む日焼け止めサプリユーザーとして、紫外線対策をしなかったらどんな怖いことがあるかについてみてみよう。

なぜ紫外線対策をするの?

リサ
紫外線にはいろんな危険性があるんだよ!紫外線と聞いて、「日に焼けて黒くなったりシミになったりするから嫌だな~」となんとなく思っているかもしれないけど、紫外線の影響はそれだけではないんだよ。

 

<紫外線の影響で高まる確率の多い症状>

  • シミ、シワ
  • 皮膚癌
  • 紫外線アレルギー
  • 湿疹
  • 白内障
  • 皮膚の免疫力低下により感染症

肌の老化は加齢による自然老化は2割程度に過ぎなくて、太陽光線による影響が8割と言われています。

日焼けやシミができる理由

 

日焼けやシミができる理由①UVA

太陽の光には赤外線と紫外線があり、そのうち人体に悪影響を及ぼすのが、紫外線です。そして紫外線にはUVA、UVB、UVCがありそのうちUVCはオゾン層に吸収されてしまうので、UVAとUVBが地上まで届きます。
そのうちUVAが紫外線の成分のうちの大半を占めていて、肌にダメージを蓄積させていきます。
肌の真皮層まで届いてコラーゲンやエラスチンなどを破壊し、ハリや弾力を奪います。

加えてすでに肌に溜まっているメラニン色素を酸化させて、シミを黒くさせる原因となります。

日焼けやシミができる理由②UVB

UVBはUVAより配分が少ないのですが、短期間で肌が赤くなるサンバーンを起こしたりメラニン色素を生成し、皮膚が黒くなるサンタンを引き起こしたりします。
炎症やしみの原因となるのに加えて、肌表面の表皮細胞を傷つけたり、DNAを傷つけたりします。

4月から8月にかけて特に多いのがこのUVBです。

 

化粧品メーカー・リサ
これらUVAやUBVで怖いのは紫外線を浴びた時間と強さに比例する「光老化」を起こすことが一番怖いよ。その光老化の影響を最小限にするには、活性酸素をコントロールすること炎症を抑えることが大切。そのためにも飲む日焼け止めが通常の日焼け止めに比べて有効なんだよ~。

冬の紫外線程度ならシミは大丈夫?

冬には紫外線はあまりないから日焼け止めを塗る必要がないかな…とファンデーションだけで済ませてしまった経験はないでしょうか?実は、冬でもしっかりお肌に紫外線は降り注いでいるんです。夏の7月8月から比べると半分にはなっていますが、日が当たっていないように感じても、半分も、降り注いでいるということです。

そして、紫外線量が半分になったとしてもしっかり肌には紫外線が届きます。なので、冬でもしっかり紫外線が肌の内部に届き、活性酸素が生まれ、お肌のたるみ、しわ、しみにつながっていってしまうということです。そのため、冬でも飲む日焼け止めを飲んで、活性酸素を除去していくことで、将来のお肌のトラブルを防いでいくことができるということです。

飲む日焼け止めは継続して飲んでいくことで、効果を発揮してくれ、お肌トラブルを予防してくれます。そのため、夏も飲む日焼け止めをもちろん飲みますが、秋も冬もしっかり習慣化して飲むことが大切になってくるのです。

 

なぜ飲む日焼け止め日本製がいい?口コミや体験談は?

<飲む日焼け止めがいい理由>

      • 塗り残しの心配がいらない
      • 目や髪の日焼けからも守ることができ、全身から浴びる紫外線の量を減らすことができる
      • ムラを気にしなくてよい
      • 1日中塗り直しが必要ない
      • 肌断食(何も肌に塗らない日)を作って肌を休ませることができる
      • 活性酸素を抑える成分が含まれている

<塗る日焼け止めで嫌なこと、困ること>

出典 楽天リサーチ

化粧品メーカー・リサ
通常の塗る日焼け止めでは5割以上の人が使い方に不満をもっているから余計飲む日焼け止めはおすすめなんだよね!
⇒インナーパラソルを実際に3か月間飲んだ体験談はこちら!

飲む日焼け止めの飲み方

飲む日焼け止めの飲み方ですが、外出の1~2時間前に飲むようにした方がいいです。人間の食べ物の消化速度が30分から2時間であることを考えると、しっかり効果を発揮させるためには1~2時間前に飲む方がベストです。

外出しない日にも毎日飲むことによって抗酸化作用の効果が蓄積されていくので、できれば毎日飲むのがおすすめです。飲み忘れて帰宅したときにも、色素沈着をする前に飲むことで、紫外線のダメージを減らすことができます。

飲む日焼け止めは、日焼けによるシミやシワにどう効果があるのか

便利に使える飲む日焼け止めサプリですが、どうして肌に塗らなくても日焼けやシミ、老化を防ぐことができるのかを説明しておきます。

まずは、肌が日焼けをしてシミができる前に全体が黒く見えるのは、「メラニン」と「活性酸素」が結びつくからです。そのメラニンが色素沈着すると、だから、この「メラニン」と「活性酸素」がくっつかないようにすれば、日焼けやシミを防げるということです。活性酸素発生を防ぐと、光老化という肌の老化も防ぐことができます。

1カプセルで効果は4~5時間続くので、4から5時間ごとに1粒飲めば大丈夫です。

チロシナーゼを防ぐ

紫外線が肌の奥に届いてメラニンが作られるときには、「チロシナーゼ」という酵素が働くのですが、このチロシナーゼの働きを阻害するとメラニンが作られることを防ぐことができます。

チロシナーゼを防ぐ成分としてルシノール、アルブチン、ハイドロキノン、コウジ酸、ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルMgなど)があります。

活性酸素による酸化を防ぐ

さらに、「活性酸素」がメラニンと結びつくのを防ぐ必要があるんですが、その成分が「抗酸化作用」のある物質です。抗酸化作用のある物質は、ビタミンC、ビタミンE、ピクノジェール、ビタミンE、アスタキサンチン、コエンザイムQ10、リコピン各種ポリフェノールです。

飲む日焼け止め成分ニュートロックスサンは肌の老化も防ぐ

ニュートロックスサンは、この活性酸素とメラニンが結びつくのを防ぐことができるポリフェノールの一種です。日々の肌の老化を防ぎ、美容にも役立ちます。

あと、シミやシワを防ぐのにビタミンCがいいといわれていますが、ビタミンCの抗酸化作用を得るためには1,000mgも取らないといけないということなので、サプリだけで得るのは実は難しいです。けれど、ニュートロックスサンなら250mgあれば十分に抗酸化作用の効果を発揮するので、手軽にサプリで摂取できておすすめです。

 

飲む日焼け止め【日本製】とヘリオケアの比較

飲む日焼け止めの日本製と、外国から生まれたヘリオケアについてあらためて比較をしてみます。管理人リサとしてはシダアレルギーというのはやっぱり心配なので日本製をお勧めしています。皮膚からのシダアレルギー発症は起こりうることだからです。

例えば日本でお茶石鹸が流行ったのですが、そのお茶石鹸の中に小麦成分が含まれていて、お茶石鹸を使い続けた人に小麦アレルギーが発症したということがありました。

小麦アレルギーでなくても、肌への長期の使用で小麦アレルギーが発症したという人が多数出ました。

 

ヘリオケアの成分フェーンブロック内にはシダ成分が入っているといますが、シダというのは観葉植物としておいていてもかなりシダアレルギーを誘発しやすい物質と言われています。なので、飲む日焼け止めサプリとして飲んでもシダアレルギーを絶対誘発されないとは言えません。

フェーンブロックはアトピーの人にも長い間使用されていたし臨床実験も行われていたので問題なかったと言われていますが、心配です。

化粧品メーカー・リサ
ヘリオケアはカプセルだから、リサ的に飲みにくいから、日本製の錠剤で飲めるものを選ぶのも効果的だよ。

飲む日焼け止めをへリオケアシリーズで比較

飲む日焼け止めにはへリオケアシリーズがありますが、3種類あるのでその比較をしていきたいと思います。

 

  • ヘリオケア オーラル (HELIOCARE ORAL)60 カプセル
  • ヘリオケア ウルトラ オーラル (HELIOCARE ULTRA ORAL) 30カプセル
  • ヘリオケア ウルトラ-D オーラル(HELIOCARE ULTRA-D ORAL) 30カプセル

の3種類です。

見た目はそんなに変わらないので分かりづらいですね。

ウルトラシリーズが30カプセルで、へリオケアオーラルが60カプセルなのですが、ウルトラシリーズは、カプセルが半量でも、1錠当たりで2倍の有効成分が入っています。有効成分とはFernBlockというヘリオケアが特許をとっているポリポディウム属(シダ植物の一種)から抽出された天然成分(PLE)です。アメリカで特許を取得していて、FDA認可もされている経口光防御剤です。

 

このFernBlockの含有量ですが、ヘリオケアオーラルの60カプセルには、1錠あたり240mg入っていて、ウルトラシリーズの30カプセルには、1錠あたり480mg含まれています。

 

ではウルトラシリーズ2種類では何が違うのかということですが、ウルトラDビタミンDを含んでいるというところに違いがあります。海外ではビタミンDを別でサプリで摂取している人も多いので、ビタミンDがないバージョンも用意されているということになります。ちなみにこのビタミンDですが、日本では目安量 200IU (5μg) 、上限量 2000IU (50μg)とされています。

現在ビタミンDはガン治療や免疫力アップでも注目されているので、日本人でも1日 3000IU~4000IU (75~100μg)の摂取をすすめている医師もいるということです。日本人は海外のようにビタミンDをサプリで摂取している習慣を持つ人が少ないので、もしヘリオケアシリーズを選ぶなら、日本人ならウルトラ-Dの摂取がおすすめですね。

今のビタミンDの目安量はクル病のような病気にならないための基準となっています。紫外線がお肌に降り注ぐと危険ですが、ビタミンDが日光に当たると体内に生成されることになっているので、日照が少ない地域にはガンが多いというリスクもあります。
そのため、ウルトラDでビタミンDを摂取しておくことはおすすめです。

 

ウルトラDの方が1000円高い程度です。

 

また、第4のヘリオケアも生まれています。

ヘリオケアUSバージョンです。アメリカ市場向けのUSバージョンです。ヘリオケアオーラルと同じ成分で、FernBlock含有量も 240mgです。パッケージも新しくなっているので惹かれがちですが、価格も高めでおすすめできません。

 

そもそもFeranBlockはシダアレルギーも報告されているので、日本人には日本製の飲む日焼け止めをやはりおすすめします。

おすすめのルテインサプリは?

まずはルテインサプリの”ルテイン”について改めて知っておくことで、なぜ飲む日焼け止めサプリの成分として含まれているとよいのか?理解を深めていきたいと思います。

「ルテイン」は、人間の目の網膜の部分、水晶体や黄斑部多く含まれている成分でカロテノイドの一種です。このルテインは抗酸化作用が高いことで知られています。シミ・しわ・たるみなどをもたらす活性酸素を除去してくれるので、活性酸素によるお肌のダメージを防いでくれています。また、ルテインは活性酸素の除去効果だけでなく、目の病気の予防にも高い効果をもたらします。例えば眼精疲労や目の前に蚊が飛んでいるように見えてしまう飛蚊症が有名ですが、他にも白内障、緑内障の予防もできます。

お肌の悩みも改善できて、眼病予防もしてくれるとなるとルテインはかなりうれしい成分ですよね。

このルテインですが、実は人間の体内で新しく作ることができません。植物にしか作り出せない黄色の色素成分です。体内の通常の維持に必要不可欠な成分ではないので、欠乏症になることはありませんが、活性酸素によるダメージを減らしてくれたり、目の病気も予防してくれるので、ぜひ取り入れていきたい成分です。

ルテインは、パプリカ、ニンジン、ブロッコリーなどの色の濃い野菜に含まれているので、ここから摂取することもできます。しかし、ルテインがあげてきた効果を発揮するために推奨されている量は1日10mgです。10mgの量のルテインを摂取しようと思ったらかなり大量の野菜を摂取していくことが必要なので、1日に10mgのルテインが摂取できるようにサプリメントもうまく取り入れていくことも有効だということです。

ここまでのことを考慮すると、ルテインサプリを選ぶなら1日のサプリの摂取でルテインが10mg摂取できるものを選ぶと活性酸素の除去ができ、眼病予防に十分な効果を発揮していってくれるはずです。

フリー体ルテインかエステル体ルテインか

ルテインの中にも2種類あります。フリー体ルテインかエステル系ルテインです。フリー体ルテインの方が高価でエステル系ルテインの方が安価であることが多いです。ただ、フリー体ルテインは体内にそのまま吸収され、効果を発揮してくれるのですが、エステル体ルテインは、すぐに吸収されることができず、まず消化酵素によりエステル体ルテインからフリー体ルテインに変わってから体内に吸収されるという段階を踏みます。

そのため、フリー体ルテインとエステル系ルテインが同量あったとしても、エステル系ルテインの方が最終的に体内に取り込まれる成分量は少ないということになります。エステル系ルテインの方が安価なのでお得かというとそうでもないということがお分かりいただけたかと思います。

サプリとしてルテインを取り入れるなら「フリー体ルテイン」を成分として含んでいるものを選ぶのが賢い選択で吸収量も高いです。フリー体ルテインでサプリに使われているものの大半はマリーゴールドから抽出されています。

ルテインと一緒に摂取したい成分

ルテインと一緒に摂取すると効果が高いといわれている成分に

  • ゼアキンサンチン
  • アントシアニンがあります。ゼアキンサンチンもルテインと同じくカロテノイドの一種で、ルテインと同じくほうれん草に含まれていたり、マリーゴールドから抽出したりできる成分です。アントシアニンは、ブルーベリービルベリーなどに含まれる青色色素の成分です。

ルテインを摂取するときにはゼアキンサンチンとアントシアニンを一緒に摂取できるとより高い効果を発揮してくれるということが分かります。

ホワイトヴェールにもルテインが!

ホワイトヴェールにはルテインも含まれていますし、同じく摂取して効果が高いとされているアントシアニンも含まれています。おすすめルテインサプリという面から考えるとホワイトヴェールが管理人としてはおすすめできます!

飲む日焼け止め【日本製】の生活の中のメリットデメリット

飲む日焼け止め日本製のものについて、生活の中でどんなメリットデメリットがあるかも例を挙げて確かめておきましょう。

<飲む日焼け止めのメリット・生活編>

      • 子供を公園で遊ばせているときに日焼け止めを塗りなおさなくても、子供と一緒にご飯を食べているときに飲む日焼け止めをさっと飲めばOK
      • スポーツをしていて汗で塗る日焼け止めが流れてしまっても、スポーツ前に飲む日焼け止めを飲んでおいたので安心できる
      • 寝坊した!日焼け止めをしたりメイクをしている暇もない…でも炎天下の中、仕事に迎えなければならない…そんな時に飲む日焼け止めを握りしめて出かける…。

       

      <飲む日焼け止めのデメリット・生活編>

      • 風邪を引いていてのどが痛い時に飲みづらい
      • 飲む日焼け止めだけでは皮膚が赤くなってしまって皮がむけてしまう

      飲む日焼け止めに即効性の効果はない。効果を実感するには?

      飲む日焼け止めは、日光を浴びる30分前に飲めばOKなどとうたわれることが多いので、即効性があるように思われますが、実は飲む日焼け止めに即効性はほとんどなく、効果を実感するには継続して飲むことが必要です。実際にm飲む日焼け止めに含まれるニュートロックスサンの効果を調べる実験では、250mgのニュートロックスサンを摂取し続けて57日目で紫外線によるお肌のダメージを予防する効果が40%増加し、85日目で約60%まで増加したという報告があります。

      ただ、日光から降り注ぐ紫外線の中にUVAとUVBがあり、UVBは肌に日光が降り注いでからすぐに赤くなったり黒くなったりというトラブルを引き起こすのですが、ニュートロックスサンは摂取し始めてから2日目で効果があるということが分かってきたので、皮膚表面が赤くなったり黒くなったりするダメージについてはニュートロックスサンが成分として含まれていれば、即効性を感じられるということになります。

      (サンソリット社開発U・Vlockの実験結果より)

      ヘリオケアのような外国産の飲む日焼け止めに含まれるフェーンブロックにも日焼けによる肌のダメージを抑制効果もありますが、ニュートロックスサンの半分でおだやかに効果を実感できるものという実験結果がありますし、フェーンブロックはシダ植物アレルギーを引き起こす危険性もあるので、ニュートロックスサンが含まれる飲む日焼け止めサプリをおすすめしています。

      またクロセチンという成分も日焼け予防に効果があります。クロセチン摂取後日光照射をした場合、その24時間後に紅斑形成ができにくくなったという事件があるので、クロセチンも肌が赤くなることを予防する即効性があることがわかります。

      リコピンも赤みを抑える効果があるのですが、ビタミンEと一緒に摂取することで、12日後に一番紫外線により肌に赤みが出るのを抑えてくれる効果が高く認められたという実験があるので、クロセチンよりは遅めですが、早い段階で効果を実感できる成分となります。

      飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの比較

      飲む日焼け止めは日焼け止めではなく日焼けダメージを抑制する役割

      紫外線には、サンバーンとか、皮膚が焦げたように黒くなったり赤くなったりする皮膚表面の症状は、UV-Bという強い紫外線が引き起こすんだけど、塗る日焼け止めでは肌のバリアが直接できるから、このUV-Bの影響を少なくすることができます。対して、UV-Aに飲む日焼け止めは効果を発揮するんだけど、UV-Aというのは肌の内部まで届いて、活性酸素の量を多くするんだ。その活性酸素からの刺激から肌を守るためにメラニンが作られて色素沈着がおきたらシミになるんだけど、その活性酸素が皮膚やメラニンと結びつくのを防いだり、メラニンが作られないようにするのが飲む日焼け止め内のポリフェノールが飲む日焼け止めの効果です。

      化粧品メーカー・リサ
      飲む日焼け止めも塗る日焼け止めも両方使った方が、今の肌も守れるし、将来の肌も守れるということになるよ。飲む日焼け止め【日本製】と塗る日焼け止めの併用がおすすめだよ!

      肌断食とは?肌断食のときにおすすめの「飲む日焼け止め」

    • 肌断食とは、普段使っている化粧水、乳液、美容液、化粧品などをまったく使わない日を設けることで、肌がしっかり呼吸でき、肌本来の機能を活発にさせることで肌の状態をよくするスキンケア方法です。肌本来の機能が活発になると、肌細胞も活発に動き、ターンオーバーの機能も働きやすくなります。
  • 肌断食の時は、肌としっかりと向き合うために、日焼け止めを塗ることもやめておきたいものです。日焼け止めを塗るとどうしても肌が自然に呼吸できませんし、日焼け止めを塗ると石鹸だけでは落ちないウォータープルーフタイプのものもあるので、 どうしてもクレンジングを強めに行うことも必要になり、肌断食の効果が発揮されにくくなります。
  • とはいえ肌断食の時も日焼けによる肌のダメージは防いでいきたいものです。そのような肌断食の時にもおすすめなのが飲む日焼け止めです。飲む日焼け止めなら肌表面でなく内部から日焼けによるダメージを防いでくれますし、美容成分により肌の細胞を活発化してくれるというメリットもあります。
    • 飲む日焼け止め【日本製】と行いたい日焼け対策

    • 飲む日焼け止めを飲むことと一緒に行いたい日焼け対策についても口コミも参考にしながら紹介しておきます。特に炎天下でのスポーツ観戦など、日差しが強いときには特に行っておきたい日焼け対策についてお教えします。<飲む日焼け止めと併用して行いたい日焼け対策>
          • つばの広い帽子をかぶる
          • サングラスをする
          • 袖のあるものを着るようにする
          • UVカットマフラーをする
          • 日傘をする
          • UVカットファンデーションをつける

       

      飲む日焼け止めと比べて塗る日焼け止めはこんなに必要!

      飲む日焼け止めは少し値段が高いのでは?と思う場合は間違いなんです!あなたは、塗るタイプの通常の日焼け止めがどれくらいコストがかかるか知っていますか?塗る日焼け止めは正しく日焼け止めの効果を発揮しようと思ったら、国際試験SPF試験法によると、皮膚1平方センチメートルに対して2mgが必要です。

      ということは、顔全体の面積が400平方センチメートルをしたら800mg必要です。顔と首どちらも日焼け止めを塗るなら塗りたいと思うので、この面積は約750平方センチメートルです。計算すると1500mgの日焼け止めが必要ということです。

      しかも日焼け止めは汗などにより効果が落ちてしまうため、日焼け止めの注意書きにも、2~3時間おきに塗り直すようにと書いてあります。となると、3時間おきに1日4回塗り直すとしたら、1日、1回分1500mgを4回ということになるので1日顔と首だけで塗るタイプの日焼け止めは6g必要ということです。

       

      60g入りのタイプの日焼け止めが多いので、正しく効果があるように日焼け止めを塗ると、10日で1本日焼け止めを使い果たすのが普通ということになります。

      人気売れ筋ランキング1位の、資生堂 アネッサ パーフェクトUV アクアブースター 60ml [SPF50+/PA++++]が2,592円なので、10日で使い果たすとすると1日約260円のコストが顔と首だけでかかります。

       

      それに対して飲む日焼け止めは、このブログおすすめの「ホワイトーン」が1日約163円コストがかかりますが、比べると飲む日焼け止めの方が100円近く1日分だけでお得ということになります。

      となると、飲む日焼け止めが高いという認識は変わってくるのではないでしょうか。

      あなたも今年の夏はしっかりおすすめ日本製飲む日焼け止めサプリランキングを参考に、今と10年後の美肌を目指してはいかがでしょうか?

      化粧品メーカー・リサ
      管理人リサのおすすめを紹介します!

      管理人・リサのおすすめの飲む日焼け止めは「インナーパラソル」です!

      インナーパラソルは、ニュートロックスサン配合量が飲む日焼け止めの中でもNo.1!!

      紫外線により肌にシミ・シワ・たるみができる原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用がとても高いニュートロックスサンがしっかり含まれています。1日の必要量250mgが1日分に配合されているので安心です。

      紫外線を受けるときだけでなく、紫外線を浴びた後のアフターケアもしてシミやシワを予防してくれるところがお気に入りです。

      会社のみんなも気に入って使ってますし、初回990円で手に取りやすいのも始めやすかった理由でした。

      公式サイトでしっかり中身を見てみてくださいね!

      \インナーパラソルが初回990円でお得!/

      飲む日焼け止め、どれがいいか迷いますよね…。

      管理人・リサおすすめランキングを載せた記事があります。

      どの日焼け止めが1位なのか気になったらぜひ見てみてくださいね↓↓

      ⇒飲む日焼け止め日本製おすすめランキングはこちら